楠ハイランドパーク

楠ハイランドパーク

競技車輛製作

ダートラ車、ラリー車は安く作れる!?

 
KHPではレンタカーを用意しています。が、自分の車で走りたい!ダートラ選手権に出たい!となると、車輛製作が必要となります。
絶対に勝てる車を作ろうとするとお金がかかりますが、

上手くなる為に自分の車輛を製作し、腕磨きの為に選手権に出る!

と、なるとお金は最小限で済みます。
こちらをご覧ください。

 管理人(私)の車輛です。
競技車輛3台目になります。
 
1台目は3万円のワークスFF。
2台目はヴィッツFF。
3台目もヴィッツFF(写真の車)です。
 
お世辞にも綺麗な車ではありません。というか、見た目はボロです。
フロント・リアバンパー・リアゲート・ドア・ミラー。
全てぶつけた為に色の違う部品に変えています。
 
ですが、中身はまだまだイケます!軽量ローパワーでとても練習向きな車なんです。
コーナリングスピードは恐らくKHP最速です。車重800キロ台ですし。
 
例えばこのヴィッツの製作費。
車輛 5万円
ロールバー 1.5万円
アンダーガード 1万円
シート 7千円
シートレール 5千円
4点ベルト 1千円
スタッドレス×4 1.5万円
以上です! スタッドレス以外は全て中古でそろえてください。
 

競技車輛が10万円でできました!

 
これでKHPで走るだけでなく、中国ダートトライアル選手権に出れるレギュレーションはクリアしてます。

どうです?競技車輛1台作るのにしては激安ではないでしょうか?

更に楽しみたければLSDをヤフオクで5万円くらいで買ってきてつけたり、ダートラタイヤを買ったり、レギュレーションの範囲内でイジればいいですが、車というのは純正品が一番耐久性が高いのでむやみやたらに手を加えるとリタイア率も比例してあがっていきます。
ダートラを楽しく、腕磨きのために利用するには

純正状態を維持しつつ、壊れた個所を直す又はイジる。

これが一番だと思います。
 
製作費に車屋さんの工賃が含まれていない!とお気付きの方もいらっしゃると思います。
が、
ロールバー・アンダーガード・シート&レールなんて自分でつけれます!
「いや、車の知識がないので・・・」
と皆さん思いますよね?
 
Googleで検索したり、みんカラで検索したらやり方が出てきます!
その通りにやるだけです!
必要工具は電動ドライバーと、金属用ドリルビット、錆止めスプレー、レンチセット、ウマだけです。
ジャッキは皆さんお持ちなので。ホームセンターで合計1万円もかかりません。
楽が出来る油圧ジャッキを購入しても4千円程度です。
 
ちなみに僕も車の知識ありません!ダブルウィッシュボーンってなんですか?レベルです。
金属に穴を開けるのもロールバーを固定するときだけです。基本的に全てボルトナットで固定するので誰でもできます。
もし、それでも不安でしたら、オートサロンみよしに持っていけばご予算に応じて力になってもらえますよ。


 ご自分の車でダートラをやりたい方

せっかく車を持っているので、自分の車でやりたい。車を2台持つ維持費が・・・
という方。
  • ロールバー 1.5万円
  • アンダーガード 1万円
  • シート 7千円
  • シートレール 5千円
  • 4点ベルト 1千円
  • スタッドレス×4 1.5万円

 これだけで済みます。金額はヴィッツの物で概算なので多少上下しますが。
基本的にヤフオクで中古を探してくると良いでしょう。


 それでも僕は勝ちたい!


中国ダートラ選手権レベルで勝負したいという方。
インテグラorランエボorインプレッサ 50万円
ロールバー 1.5万円
アンダーガード 1万円
シート 7千円
シートレール 5千円
4点ベルト 1千円
ダートラタイヤ 4万円
LSD  5万円(フロントのみ
以上です。これもダートラタイヤ以外はヤフオクで中古です。私は車輛すらもヤフオクで買います。GC8 WRX STI LTD typeRA ver4 フロントリア機械式LSD・DCCD付で35万円でヤフオクで買いました。(2015年に。車が古くなれば更に安く買えるでしょう)
あとはボディ補強は3Mの金属接着剤でやると強力かつ安く出来るでしょう。おおよそ1台ストラット周りで1.5万円程度。
ランエボ、インプについてはリア機械式LSDが入っているモデルにしてください。
フロントLSDだけで済みますので。

 勝てる車輛を作っても60万円で済みます!


 
「いやいや、他にもレーシングスーツとかお金かかるでしょ?」
 
いえ、かかりません。
ヘルメット JIS2合格品 1.1万円
レーシングスーツ 5千円
グローブ 2千円
ドライビングシューズ  4千円
以上です。今回は全て新品!ヘルメットだけは楽天で他はヤフオクです。
ヘルメットは規格があるのできちんとクリアしていないと出れません。
グローブとシューズは、最初KHPで走るだけならツブツブ軍手と鳶靴で500円で済ませてもいいのではないでしょうか。

 
本当にかかるお金はこれだけです。
モータースポーツはお金がかかるというイメージは、ごく一部のトップ選手が最新の車と、万全のサービス員やキャンピングカーなどを用意しているからです。
 
僕らローカル選手はお金をとにかくかけません。
移動のガソリン代や、タイヤ代、壊れた際の修理費に充てたいからです。
修理もヤフオクで部品を買ってきて自分でやれば数千円で済みます。

モータースポーツはお金がかかるので敷居が高いという間違ったイメージを変えていくのも我々KHP,MCCSの役目だと思います。


 
ちなみにラリーカーを作りたいのであれば上にあげた費用に

インカム 1万円
ULTRA SPEED MONITOR 1.2万円
消火器 5千円
三角停止版や小物 1万円
サブのホイールタイヤ×2 2万円

これを足せば出れます。
ULTRA SPEED MONITORはラリコンの代わりに使用。細かく距離が測れるのに安いすぐれものです。ちなみに今回は全て新品でこの値段。
消火器はオートサロンみよしで買えます。


 
まとめ。
 

ダートラ車は10万円で製作出来ます!
 
選手権で好成績が狙えるダートラ車も60万円で製作出来ます!
 
ラリーカーも15万円~製作出来ます!

 

あとはあなたの練習次第!KHPダートラ練習会、お待ちしております!

トピックス
激安!競技車輛の作り方
 モータースポーツデビューしたい方に


レンタル競技車輛
競技車がなくても走れます


レポート

  走行会や大会のタイムや写真と結果


必見!全日本選手の走り!
太田選手


2017年モータースポーツ

  暫定カレンダー公開!


2016.10.11
 ホームページ大幅更新しました!